やっぱり生活の足にも影響が大きく出ていたらしい

3月にJR九州のダイヤ改正に伴って減便をしたがやはり乗客から不満が起きていた事がわかったが特に高校がある所は不満が出ているという事もあるが一部のダイヤの中には車両を一両ではしっている所もあるのでこうした所からも調査してわかった所と言うがここは部活に参加している生徒にも不満があるという事になるがこうした現実的になったのは足の不便もあったと思われている。

新学期が始まって一月が経ちましたが特に列車通学をしている生徒の中にJR利用をしている人もいますがダイヤ改正でいつも利用している列車が消えていた事で困惑した人もいたが乗り遅れると次が3時間待ちという事もあるって夜遅くになってしまうケースもあるがこの様なダイヤ改正で消滅した事だけでなく車両にも問題が起きた。

都会では列車が連結をしている所もあるが九州などは車両が一つしかない所もあると言うがこれで満員となってしまう事で断念をしてしまう事もあると言うがこれが元となって更に待ってしまう事があるという事になる事もあったがこうした不便も生まれているという事になった。

そして、部活をしている生徒もいる事で駅まで親の出迎えをしている生徒もいる事で負担も大きく原付免許の取得を考えなければならない事態が起きているというが会社側は「理解はしてほしい」と要望をしているが不便が出ているという事は改善も出来なかったと思われている。

スクールバスもあるが委託でしている所が多く原付バイクでの通学も考えているので生徒もいるのでそこまで不満はあったと思われている。

強制的にダイヤ改正をした事で不満が出た事は改善もすべきだと思っているがこうした高校生にも安心して通学が出来る環境はしてほしいと思うかも知れないがこうした利用者の声は高校生でも不満が出ているので知って欲しいと思うのです。