日電池や燃料電池などについて実践しました

バイタリティ源などについて実習をしました。日光電池は、1時間に極度10kWの発電が可能です。これは、4奴世帯毎日の能力に相当します。核心際の輝きや電気クルマの充電に使用されます。太陽熱集気迫入れ物は、夏場には90℃位の湯を毎日ドラム缶3.6杯分つ貰える。雨水利用編成は、核心の雨水貯留槽は100立方センチメートルだ。3階に残るいこいの持ち家の風呂や他の作業場に給湯しています。核心際の便所の流し水として6日光分け前、4奴家族で100日光分の利用が可能です。植物のまき水にも利用しています。燃料電池は、1間隔時分50kWの発電が可能です。核心の消費電力の半分傍らを覆いできます。また、気迫は冷暖房や給湯のバイタリティ根幹となります。燃料電池は、水素と酸素の電気連続を実施し、大都市気体を燃やさずにストレート電気や気迫を取り出せる、世界への受け持ちの乏しい発電編成だ。知らないことを知れて良かったです。